So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

大大阪時代に咲いたレトロモダンな着物たち [きもの]



HPより <江戸時代後期から昭和戦前期まで、北前船の船主として(明治中期以降は汽船会社を経営)繁栄した大家七兵衛家には祖母・母・娘へと3代にわたって引き継がれた大正・昭和期の着物が数多く残されています。この貴重な着物類が、大阪くらしの今昔館に寄贈されたのを機に、展示公開する運びとなりました。>




s-20190816_104151.jpg



展示スペースが狭いことを知っていたのでたいした数の展示ではないと思っていたら全然そんなことはなかったでした。しかも写真撮影OK! 企画展だけなら300円でした。



s-20190816_104239.jpg




こんな大柄のコート

s-20190816_104646.jpg





ストライプがいいです。そして帯の梅もいいです。

s-20190816_105703.jpg





子どもの振り袖

page190816b.jpg





帯留め、羽織紐。(ちょっと暗くてわかり辛いですが。)

page190816c.jpg



訪問着に「下襲(したがさね)」というものがあるのは知りませんでした。長襦袢かと思ったのですが裾模様があります。しかも下襲の方はザクロの花の絵。訪問着にはザクロの実の絵。遊び心満載です。

page190816a.jpg


留め袖にも3枚くらい「下襲」があったそうで段々省略されていったのでしょう。白羽二重の長着を下に着るのは知ってましたが3枚とは! 十二単の名残なんでしょうか。





190816d.jpg




190816e.jpg




ちょっと長くなりますが・・・

挨拶の文面を読んでいたら寄贈者のことが気になり少し調べていたらブログがみつかりました。
フード・ライフコーディネーターをされている松下久美子さん。
2年前に鴻池新田会所で大正・昭和のくらし展として当時の着物や器類、雑貨を展示されたそうです。
それが終わった後これらの着物をどうしようかということになってご縁があった「おおさかくらしの今昔館」に寄贈されたそうです。
たくさんあった着物も空襲で焼けてなくなってしまったそうですが疎開していた着物が残っていたのだそうです。
恐らくおでかけ着物だと思うので大事にしまわれていたのでしょう、保存状態もよかったでした。
品がありオシャレで素敵な着物ばかりで展覧会場を後にするのが惜しかったです。



nice!(8)  コメント(2) 

新章 神様のカルテ [本]


新章 神様のカルテ

新章 神様のカルテ

  • 作者: 夏川 草介
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2019/01/31
  • メディア: 単行本
このシリーズも5冊目です。
2,3冊で終わるのかな?と思ってましたがふと気がつくといつのまにか新刊が出ています。
話題が尽きないのでしょう。
シリーズ自体にすぐに飽きるかと思いましたがいやいや、その都度いろんな事が起こり興味深く読み進みます。
今までは365日24時間診療だった病院から大学の付属病院へ舞台が移りました。
大学院生となったようですが診療もしながら研究もしないといけない身分のようです。
少しの給料は出るようですがそれでは生活できないのでアルバイトもしなければいけないみたいです。
結婚して子どもも生まれて以前の大変さとはまた違った大変さです。
大学病院では高度医療の患者のためにベッドを空けておかないといけないので治癒に向かう患者は退院を迫られます。
ベッド数が限られているから仕方ないのですね。
一方退院したくても病状が落ち着いていないと退院が認められません。
体制にからめとられそうになりながら彼なりの行動を起こします。
この作者の本を読んでいていつも思うのですがこういう患者本位の医者に出会いたいものです。

nice!(8)  コメント(2) 

胸元カバー (追記あり) [手芸]



s-20190812_132315.jpg



写真の上の物はフェリシモでみつけた「ちらみえ防止カバー」ずいぶん前に買った物です。
下の物はこれにヒントを得て自作しました。
夏のTシャツ、カットソーなど襟ぐりが大きくて困ってます。
確かに外は暑いのですがビルや電車内では冷房が効いているので襟ぐりが大きく空いていると冷えてくるのです。
スカーフやストールをまいたりしてますがそれでは少し暑いですし、汗がスカーフなどにつくので嫌なんです。
わがままかもしれないですが心地よく過ごせる服装にしたいというのが本音です。
ハイネックなどの服もたまにあったりするのですが七分袖だったりします。
私がほしい服がなかなかみつかりません。
ふと思い出したのがフェリシモで以前、買っていた「ちらみえ防止カバー」です。
ベージュとレースなので使いやすいと思ったのですが私の手持ちの服とは意外と合いにくいのです。ベージュと白のコントラストが私には強すぎるのかもしれません。
レースだけの方が合わせやすそう・・・。
と思ってネット検索したらそういうのがありました。
購入してもよかったのですが見本があるので自分で作れそう、と思ったのです。
ちょうどグレーのレースのハンカチがあってこれならいけそう。と思って作りました。
なかなか上出来の自画自賛です。
/////////////////////////////////////////////////
装着時の写真を追加しました。
page190815a.jpg
このTシャツなら普通に着ることもあるのですが私にはやっぱり首元があきすぎるのです。実際にはもう少し大きい襟ぐりのもあるのでそのときにつけようかと思っています。
ブラのストラップに引っかけるようになっていてずり落ちないようになっています。(まだ試してないのでわかりませんが多分ずり落ちることはないと思います。)これを考えた人凄いな、と思いました。

nice!(4)  コメント(4) 

フジファブリック [音楽]


  • 先日「+music」という音楽番組で「フジファブリック」を特集していました。
  • 名前は聞いたことがあったのとボーカルの方が急逝されていてその後もバンドを存続されているということ程度は知ってました。
  • 作品も聴いたことがあるのですが独特の音楽感かな、という感じでした。
  • 多数の有名アーチストも絶賛されているのだそうです。
  • その番組で音程の事に触れられていてわざとその音程にぽんといかずに曖昧に歌われている・・・というような内容でした。
  • 下手をすれば音程がずれている感じがするけれどそれはあえてされている、ということがわかりました。
  • ビブラートにするとそれもまた違うのだと。
  • それがわかって聴くとなるほど、と思いました。
  • そして8/9の「ミュージック・ステーション」でこのバンドが出演されていて初めてテレビでみました。
  • (テレビをつけ忘れていてハッと気がついて電源を入れたらちょうど順番がきたところでみることができたのでした。)
  • ボーカルの志村さんが亡くなったあとはしばらく「くるり」や斉藤和義さんのバックバンドをされていたそうですがやっぱり自分たちもバンドを再開したいとメンバーで話し合って存続されたようです。
  • ボーカル、しかも作詞作曲の大半を担っていた志村さんを亡くしてどういう経緯で存続されたのか興味ありました。
  • 多分、志村さんの遺志を継ぎたいという意図もあったのかもしれないな、と勝手に思いました。
  • 現在ボーカルをされている方山内総一郎さんは大阪出身の方と聞いて応援したくなりました。
  • 「手紙」という楽曲も発表されているようです。この曲もなんか耳に残る哀愁があります。
  • 先日の番組ではふるさと、大阪を思って作られたとおっしゃてました。でも歌詞を読むと亡くなった志村さんを思っての意味もあるのかな?とこれまた勝手に思いました。
  • 期間限定でYouTubeでこの楽曲がフルバージョンで聴くことができます。ロケ地は阪急沿線かな?山内さんの出身地かな?と思いました。

nice!(9)  コメント(2) 

椅子の神様 宮本茂紀の仕事 [美術]


「LIXILギャラリー 大阪」で開催中です。 なんとなく気になったので用事の後ついでに寄ってみました。


s-20190805_130127.jpg




s-20190805_130116.jpg



分解して展示してありました。

s-20190805_130151.jpg




椅子の部品の成り立ちが説明してあります。この木でこの椅子の主要部分ができているわけです。

page190805b.jpg


明治村から修復依頼された「竹塗蒔絵小椅子」

もともと背もたれの部分、竹のようにみせかけて節まで作ってあったそうです。そして漆での装飾。進駐軍によって上からペンキが塗られたことが分かった一脚だそうでそれを丁寧に落として再現したそうです。この椅子をペンキで塗るなんて・・・ですよね。

page190805a.jpg



あんまり説明も読んでないのですがどこにでも神様と言われるような職人さんがおられるのだなぁ、と思いました。実際に座れる椅子もありました。


//////////////////////////////////////////////////////////////



とおりがかった大阪駅で。この前で記念撮影をするのでしょうがキティちゃんだけパチリ。みんな先を急いでいて気がついていないような???。ひっそりしてました。

s-20190805_134422大阪駅キティ.jpg




nice!(7)  コメント(2) 

喜光寺 [おでかけ]


奈良市内にある喜光寺に行ってきました。 蓮で有名です。そして今回、奈良大学が所蔵していた四天王の仏像が喜光寺のものとわかり里帰り公開されています。 期間限定に弱いので蓮も咲いているだろうからと行ってきました。

南大門と本堂。 南大門は戦国時代に消失して当初の姿は伝わっていないそうですが2010年に復興されたそうです。

s-IMG_3989.jpg




s-IMG_4048.jpg





石仏と蓮のコラボがいいです。 

s-IMG_4005.jpg




s-IMG_4000.jpg



さすがに蓮は終盤でしたがまだなんとか咲いてくれてました。

s-20190731_104020.jpg





s-20190731_104003.jpg



本堂。 

s-IMG_3991.jpg





s-IMG_4009.jpg




s-IMG_4044.jpg


s-IMG_4024.jpg






行基堂

s-IMG_4041.jpg



page190731a.jpg




弁天堂。 宇賀神像が祀られています。 周りの睡蓮の池も風情があります。

page190731b.jpg





最寄り駅「尼ケ辻駅」のそばに石碑が建ってました。暗くて見えにくいですが喜光寺の字が彫られてます。

s-IMG_4051.jpg



今年も蓮を楽しめました。



nice!(9)  コメント(2) 

安座上真紀子 個展 [美術]


20190729b.jpg




たまたまチラシを目にして「あ、以前みにいったことのある作家さんだ!」と思いました。 また個展をされるんだ、どこで?いつ?と思って確認して行ってきました。

大阪市内にある「GALERIE CENTENNIAL」で開催中です。


すべて紙で作られています。大きさ的には夏みかんくらいでしょうか。 模様も塗ってあるのかと思ったら紙を小さく切って貼ってあるのです。 細かい作業です。

ギャラリーの方がおっしゃるには段々小さく緻密になっていってるそうです。 製図もなくフリーハンドで作られているそうでそれもまたびっくりでした。




page190729a.jpg





s-20190729_153219.jpg





ギャラリーはこんな感じです。

s-20190729_153446.jpg



以前に行ったのは2018年でした。 よろしかったらこちらをどうぞ。☆☆☆



nice!(5)  コメント(4) 

藤原宮跡の蓮 [おでかけ]

ようやく藤原宮跡の蓮を見に行くことができました♪ 月曜日に予定していたのに雨で延期。思ったほど雨が降らなかったので余計に残念でしたが今日はいいお天気になりよかったです。


この濃淡の蓮が好きです。小舞妃蓮だそうです。

s-IMG_3894.jpg




s-IMG_3887.jpg




天香具山

s-IMG_3890.jpg




耳成山

s-IMG_3897.jpg




畝傍山

s-IMG_3906.jpg





s-IMG_3919.jpg




碧台蓮みたいです。

s-IMG_3927.jpg




赤い支柱は門の跡を表しているそうです。

s-IMG_3947.jpg




s-IMG_3948.jpg








s-IMG_3973.jpg




page190724a.jpg



ペアに注目して撮りました。

page190724c.jpg




page190724e.jpg



終わっている品種もあったようですがまだまだ見頃です。 ここの蓮は比較的背が低いので小柄な私も楽しめて大好きです。 ここの蓮たちに元気をいただきました。





別の区画ではキバナコスモスも咲いてました。



s-IMG_3985.jpg



s-IMG_3983.jpg






nice!(7)  コメント(2) 

ジャコメッティと Ⅰ [美術]

国立国際美術館のコレクション特集展示です。 8/4までの前半の展示で8/27から後半の展示となるようです。



190717a.jpg




名前とひょろりとした独特の作品が多い、という程度しか知りませんがコレクション展示だと入館料が朝日友の会員だと220円で入れるので行ってきました。


「ジャコメッティと哲学者矢内原伊作の世界にせまる・・・」ということですが正直なところよくわかりませんでした。 資料の展示もありましたが読んでいないのと写真のスライド展示がありましたがみていないので余計ですね。


5年物間矢内原がモデルを務めたそうですが現存作品は7体、完成品は2体でそのうちの1体がこの美術館に所蔵されたそうです。


写真撮影OKでした。


s-20190717_124840.jpg



s-20190717_124939.jpg



国立国際美術館

s-20190717_122240.jpg




--------------------------------



大阪高島屋での山村御流展にも行ってきました。 初日だけあってお花が新鮮で美しかったです。 山村御流の生け花は楚々としていて好きです。 家元の作品は1番小さいくらいの生け花でした。


s-20190717_104632.jpg



高島屋へ行く時は地下からいつも行くのですが今日は地上から行ったので建物を眺めることができました。


s-20190717_104144.jpg


内部は改装を重ねて新しいですが外観は昔の面影を残してあるのですね。 心斎橋大丸店はどんな風にかわるんでしょうね。今秋オープンのようです。




nice!(9)  コメント(2) 

咲くやこの花館 [おでかけ]

咲くやこの花館に行ってきました。


蓮展が開催されています。昨年も訪れたのですが6月末だったので早すぎてほとんど咲いてませんでした。そう思って7月ならもう少し咲いているかと思い行ったのですが昨年同様咲いた蓮にはほとんどお目にかかれませんでした。残念。


建物の外の池の睡蓮が綺麗でした。

page190715a.jpg



s-IMG_3802.jpg




蓮展で咲いていた蓮

s-IMG_3861.jpg






そこで展示されていたガガブタ。 黄色いのは「アメリカアサザ」羽毛のようなフリル?がないのは「ハナガガブタ」と表示してありました。面白い名前です。

page190715e.jpg




咲くやこの花館が鶴見緑地公園内にあるのです。この公園内に学習のための観察池があったなぁ、と思って行ってみると蓮池がありました。でもほぼ終わりかけでした。

s-IMG_3790.jpg




s-IMG_3789.jpg




一輪だけピンクの蓮

s-IMG_3791.jpg





コウホネが咲いてました。

s-IMG_3787.jpg




咲くやこの花館で咲いていた花たち


s-IMG_3814.jpg




ハイビスカスいろいろ

page190715c.jpg




サボテンの花

page190715d.jpg



世界三大花木の一つ、フランボヤン(鳳凰木:ホウオウボク)だそうです。


s-IMG_3818.jpg




こちらへは何回か訪れていますが綺麗な青いケシにようやく出会えました。

s-IMG_3843.jpg





s-IMG_3830.jpg





特集は食虫植物

page190715b.jpg



公園のヒマワリ

s-IMG_3801.jpg






鶴見緑地駅

s-IMG_3875.jpg



nice!(6)  コメント(2) 
前の10件 | -